ブログ詐欺コンサルが初心者を騙す7つの手口を全部暴露します!

ブログ詐欺コンサルが初心者を騙す7つの手口を全部暴露

ブログ詐欺コンサルタントが初心者を騙す方法としてよく用いられるのは次のような方法です。

①

「ブログで稼いでいる」という数字のみを見せて実績をアピールする

②

アドセンスの管理画面の数字を偽造する

コンサル生のフリをしてTwitterアカウントを大量に作って自作自演する

④

他のコンサルタントの悪口や批判を書いて自分は本物だとアピールする

⑤

稼げるまでコンサルを無料で延長するという保証を付ける

「初心者でも稼げる」とか「簡単に合格できる」と甘いことばかりを言う

⑦

プロフィールに元〇〇という肩書きを書いている

詐欺コンサルの手口解説①

「稼いでいる」という数字を見せて実績をアピールする

ブログ詐欺コンサルは証拠を捏造して実績を示そうとしてきます。
そこで多くの詐欺コンサルが使用するのが「これだけ稼げました」的な収益の数字です。

このような投稿をよく見かけますよね?
数字だけ投稿していて、実際に収益をあげているブログは一切公開していないのが詐欺コンサルの自作自演の特徴です。

一般のブロガーやコンサル生を装ってTwitterアカウントを作成して、初心者を騙そうとするわけです。

ちなみにこのツイートをしている「ままこ@主婦ブログ書け」というアカウントでは、本人のブログは一切公開されていません。
そして、不思議なことに自分のプロフィール欄なのに、コンサルの先生が紹介されています。

不自然なツイッターアカウント
プロフィールに自分のブログではなくコンサルの先生を紹介するという謎のアカウント

普通はブロガーなら自分のブログURLを紹介しますよね?

どうして自分のプロフィールにコンサルの先生のリンクを貼るのでしょうか?

このアカウントがコンサルタントの自作自演による誘導を目的に作られたものだからと言われても仕方のない内容ですよね。
あまりに不自然だからです。

どこの世界に自分のアカウントをわざわざ人の宣伝のために使うブロガーがいるんでしょうか?

それともこの人は初心者を誘導したら報酬をもらえるようなアフィリエイトとしてアカウントを作成しているのでしょうか?

だとすれば立派な詐欺です(笑)
このように金額だけを投稿して「稼いでいます!」的なアピールをして初心者を騙すのがブログコンサルの一般的な手口です。

なぜ自分のブログを紹介しないのか?

こういう詐欺師が自作自演しているアカウントには稼いでいるブログが紹介されていません。
それはどうしてなのでしょうか?
答えは簡単です。
そんなブロガーは存在していないから、ブログなどないのです。
でも、適当にブログを作って掲載すればいいのにそれすらしていません。
それはなぜでしょうか?
それはブログを紹介してしまうと、そのサイトにどれくらいのアクセスがあるのかを調べることができるツールがあるのでアクセスが全然ないことがバレてしまうのです。
そうすると、アクセスが少ないのにアドセンスで稼いでいるというのは矛盾になってしまうので、ブログを紹介することができないんです。

他人のサイトのアクセス数を調べることができるツール例はこちら↓

詐欺コンサルの手口解説②

アドセンスの管理画面の数字を偽造する

画像編集ソフトが使えれば収益の数字はいくらでも偽造が可能です。

アドセンス収益
ツイッターによく見かけるアドセンス収益


この収益画面の数字を偽造してみました。

アドセンス収益
金額部分を偽造したもの

 


このように簡単に作ることができるんです!
ですから、数字だけを投稿しているツイートは信用してはいけません。
しっかりとコンサル生が実在している証拠を提示しているコンサルタントを選んでください。

コンサル生が実在することを証明できる証拠とは?

当サイトではコンサルタントが実在している証拠として以下の2つを基準としています。

こちらの条件で実際に詐欺コンサルタントのサイトを検証してみた記事はこちら

詐欺コンサルの手口解説③

コンサル生のフリをしてTwitterアカウントを大量に作って自作自演する

ツイッターのアカウントはいくつでも作成が可能です。

ですから、詐欺コンサルタントがコンサル生を装っていても不思議はありませんよね。

コンサル生だけでなく、一般のブロガーを装うことも可能です。
ツイッターに「これだけ稼いでいます」という内容を投稿する人の立場で考えてみましょう。

どんな目的があって「稼いでいます!」とアピールするのでしょうか?
必ず目的があるんです。

普通のブロガーなら、自分のアクセスアップや権威を獲得するために「稼いでいる」とアピールすることでしょう。

そういう場合、必ず自分のサイトURLが紹介されています。

プロフィール欄に自分のブログURLを記載しているツイッターアカウント
プロフィール欄に自分のブログURLを記載しているツイッターアカウント

 

じゃないとアクセスが増えないのでまったく意味がないからです。

しかし、ツイッターで多く見かける「稼いでいますアピール」のツイートは明らかにコンサルタントへの誘導を目的にしているとしか思えません。

そんなことをしてもアカウントを所有するブロガーには何のメリットもないので、一般的に考えてもコンサルタントが自分のサービスを宣伝して初心者を騙すために作った自作自演のアカウントだという答えに行き着きます。

実際、Makotoという名前でコンサルを行っている自称元予備校講師のコンサルタントはコンサル生に『Twitterや Facebookのアカウントを作れるだけ作り、アカウントがバンされたら又作り色んな自分になりすましてSNSからの流入を狙え』と指導しています(笑)

ということは、自分も同じことをやっていても不思議ではありませんよね。

詐欺コンサルの手口解説④

他のコンサルタントの悪口や批判を書いて自分は本物だとアピールする

詐欺コンサルは他のコンサルを批判して自分は本物だとアピールします。
他の詐欺コンサルに騙された人の多くが、そこで諦めるのではなく、今度こそはと他のコンサルを探します。
一度騙されたことがある人をターゲットにしている詐欺コンサルタントもたくさんいるんです。
過去に騙されたことがある人がコンサルの依頼をしてきたときに情報を聞き出しているので、他の詐欺コンサルの情報をたくさん持っているんです。
そうやって得た情報をツイッターに投稿したり、自分のサイトに掲載して、あたかも自分は本物であるとアピールします。

Makoto氏に騙された被害者さんが言っていました。
「コイツに1000倍返ししてやるよ!」と。

Makoto氏に騙された被害者さんが言っていました。
「お前だって質問してもとにかく書けしか言わねぇじゃねーか!」
「不機嫌になって精神論のコピペしか返信してこないのはお前だろ!」と。

Makoto氏に騙された被害者さんが言っていました。
「お前だってアドセンス審査に合格させることすらできねぇじゃん!」と。

詐欺コンサルの手口解説⑤

稼げるまでコンサルを無料で延長するという保証を付ける

詐欺コンサルの手口として稼げるまでコンサルを無料で延長するという保証で初心者を騙すものがあります。

稼げるまでコンサルを無料延長するという保証を謳っているサイト
稼げるまでコンサルを無料延長するという保証が付くと宣伝するサイト

これはコンサルタントからしてみれば、コンサル生が稼げなくても返金しなくて良いことになるので、かなり都合の良い保証内容となります。

多くのブロガーさんはアクセスが増えなかったり、収益が発生しない期間が長くなると、モチベーションが低下して記事を書かなくなっていきます。

そうすると、コンサルタントからは「とにかく記事を書け」と言われるので、記事を書かていない自分に負い目を感じるようになってコンサルタントに連絡をしなくなっていきます。

「稼げるようになるまでコンサル期間を無料で延長する」という保証を付けている詐欺コンサルタントはそうやってコンサル生が連絡を入れてこなくなるのを待っているんです。

また、コンサル期間が継続しているという既成事実を作られてしまうので、警察に相談に行っても門前払いされます。

ある被害者さんが警察に相談に行った時に、刑事さんに「おたくは騙されたっていうけど、まだその先生に教わってる途中なんでしょ?結果が出るまで無料で面倒をみてくれるっていうならもう少し頑張ってみればいいんじゃないの?向こうも逃げたわけじゃないんだから、警察がどうこうできるような話じゃないですよね」と言わたそうです。

『1年後にコンサル費用分を稼げていなかったら返金します』という保証にも注意!

『1年後に支払ったコンサル費用以上の金額を稼ぐことができない場合は全額返金します』というタイプの保証にも注意してください。
1年間ブログを書き続けるのは大変な作業です。

しかも、コンサルタントは無理難題を押し付けてくることがあります。
毎日記事を投稿してください。
誰も書いていない体験談を書いて、少しずつ情報を追記してください。
それを毎日やってください。

そのような指導をされて結果につながっているならいいのですが、いくら書いてもアクセス数が増えなかったり、ブログの売上が増えないとモチベーションが低下してコンサルタントの言うとおりには記事を投稿できなくなっていきます。

そうすると、「私の言うとおりにやっていないあなたが悪いので返金することはできません」と言われてしまいます。
契約書には「コンサルタントの指導とおりにやったにも関わらず結果がでない場合は返金する」という趣旨のことが書かれているはずなので、結局返金してもらえないという流れに持って行かれてしまうことになります。

詐欺コンサルの手口解説⑥

「初心者でも稼げる」とか「簡単に合格できる」と甘いことばかりを言う

ブログで稼いでいくことはとても難しく大変なことです。

悪徳詐欺コンサルタントは初心者を騙してお金をとることしか考えていないので『うまい話』しかしません

『僕に一年掛けてくれませんか?必ず稼がせます』

とか

『初心者だった他のコンサル生もみんな稼いでいますよ』

などと勧誘してきます。

ブログでお金を稼ぐということはそんなに甘いものではありません。
それを理解するためには、ブログで稼ぐための仕組みを理解しなくてはいけません。

ブログで稼ぐためには多くのアクセス数を獲得する必要があります。

グーグルアドセンスの1クリックあたりの単価は平均10円から30円程度と言われています。
そして平均クリック率は1%を切っていると言われているのです。
専門知識のあるトップブロガーでもクリック率は平均2%あればかなり優秀と言われる世界です。

そのため、グーグルアドセンスで稼ぐには1日数千件のアクセスが必要になります。
それだけのアクセス数を獲得するには、グーグル検索に自分の記事を上位記事させる必要があります。
そのためには、すでに上位記事されている他のサイトにSEOで勝たなくてはいけないわけです。

すでにグーグル検索で上位表示されているサイトの記事というのは、Googleに高く評価されているサイトです。
そういうサイトはSEO対策がしっかりできていたり、ライティングレベルが高いので評価されているわけです。
その多くが法人が運営するサイトであり、執筆しているのはプロのライターであることが多いです。
そして、SEO対策の専門部署を持っていたり、外部の専門業者にSEO対策を依頼している会社がたくさんあります。

「ブログで稼ぐ」ということは、そういう世界であなたは生き抜いていかなくていけないことになるのです。
ですから、あなたが学んで身に付けるべきものはたくさんあります。
そういう現実を事前に説明せずに、『初心者でもみんな稼いでいますよ』と甘い話をするのは典型的な詐欺師の特徴です。
なぜなら、そこでお金をだまし取ることしか考えていないからです。

『1年後にコンサル費用分を稼げていなかったら返金します』という保証にも注意!

『1年後に支払ったコンサル費用以上の金額を稼ぐことができない場合は全額返金します』というタイプの保証にも注意してください。
1年間ブログを書き続けるのは大変な作業です。

しかも、コンサルタントは無理難題を押し付けてくることがあります。
毎日記事を投稿してください。
誰も書いていない体験談を書いて、少しずつ情報を追記してください。
それを毎日やってください。

そのような指導をされて結果につながっているならいいのですが、いくら書いてもアクセス数が増えなかったり、ブログの売上が増えないとモチベーションが低下してコンサルタントの言うとおりには記事を投稿できなくなっていきます。

そうすると、「私の言うとおりにやっていないあなたが悪いので返金することはできません」と言われてしまいます。
契約書には「コンサルタントの指導とおりにやったにも関わらず結果がでない場合は返金する」という趣旨のことが書かれているはずなので、結局返金してもらえないという流れに持って行かれてしまうことになります。

詐欺コンサルの手口解説⑦

プロフィールに元〇〇という肩書きを書いている

詐欺師の特徴として、権威を獲得しようとしたり、自分を大きく見せようとして肩書きにこだわったりする傾向があります。

  • 元大手予備校講師
  • 元美容師
  • 元銀行員

様々な「元」が使われます。
そこに実際の企業名が書かれていたり、その当時の写真が掲載されていたり、キャリアを証明できるものが掲載されていることはありません。
なぜなら、架空のプロフィールであることがほとんどだからです。
実際に本当に「元〇〇」である可能性も十分ありますが、それを証明できるような情報は何も提供していないという特徴があります。
つまり、都合の良い情報だけ書いて、あとは意図的に隠蔽しているわけです。
そんなコンサルタントがまともな人間であるわけがありません。
顧客と真摯に向き合おうという姿勢が最初から欠如しているので、コンサルタントを選ぶときはよく確認するようにしましょう。

最後に

ブログコンサルタントを選ぶときは、素性をしっかりと確認するようにしましょう。
個人か法人かはあまり重要ではありません。
個人でもちゃんと指導しているコンサルタントもいますし、法人名義でも詐欺行為を行うコンサルタントもいます。
重要なのはコンサル生が存在する実態を確認できるかという点です。
コンサルタントが自作自演できるツイッター等の引用や感想レビュー、稼いでいると主張する収益画面の添付だけではまったく証明になりません。

なぜなら簡単に偽造、捏造が可能だからです。
しかし、実在するコンサル生を捏造するのは困難です。
コンサル生のブログがしっかりとリンク付きで紹介されているかが重要です。
それをしっかりとコンサル実績として提示しているコンサルタントは本物である可能性が高いので選ぶ際の基準にしましょう。
もし気になるなら、契約前に「どうしてコンサル生のサイトが紹介されていないのですか?」と聞いてみましょう。
そこで個人情報がどうのこうのとか、プライバシーの問題があるとか、的外れな言い訳をしてきたらクロ確定です。
本当に優秀でコンサル生から信頼を得ているコンサルタントの場合、コンサル生も先生のために協力してくれるので、サイトへの掲載に惜しみない協力をしてくれるはずです。
にも関わらず、コンサル生のサイトが表示されていない場合、そういうお願いごとをコンサル生にできないような無能なコンサルかコミュニケーション能力が著しく欠如しているコンサルタントの可能性があるので気をつけてください。

当サイト編集部には、詐欺コンサルとの実際のやり取りが記録されたものがたくさん届いています。
それは本当にひどい内容です。
質問しても答えてくれない
全然違う話題に話をすり替えて質問に答えてくれない
精神論的なことしか言わない
同じことをコピペして何度も同じ返答をする
これらのやり取りは被害者さんたちの裁判が終了したら公開する予定なのでお楽しみに!