2021年1月11日(月)のGOLD(XAUUSD)でエントリーが狙えそうなポイントとは?

2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャート2021年1月
2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャートで狙いたいショートエントリーポイント

2021年1月11日(月)のGOLD(XAUUSD)でエントリーが狙えそうなポイントとは?

年が明けてから続いてた上昇が終了して、一気の下落を見せたゴールド(XAUUSD)のが先週の動きでした。

下落の1波の波の大きさと同じ幅できれいに下落してきました。

現在は一旦の上昇局面に転じるのか?このまま下落するか?分岐のポイントに来ています。

2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャート

2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャート

下落トレンドの終了を示唆するためにはまずは20EMAを実体でしっかりと上抜けすることが必要です。

週明けに実体で上抜けしてくるようだと、下落は一旦止まったとみて良いかと思います。

そうなると、再び下落していくには、最安値である1828.00付近を再度ブレイクする必要があります。

1828.00を実体でブレイクして確定したら、さらに下落していく可能性が強いのでロングを狙っている人は気をつけましょう。

現在日足レベルではどのような動きになっているのでしょうか??

下のチャートはXAUUSDの日足チャートを分析したものです。

2021.01.10ゴールドXAUUSD日足チャート

2021.01.10ゴールドXAUUSD日足チャート下落する場合に予想できるローソク足の動き

日足ではチャネルラインの中での動きとなっていて、現在はチャネルの中段に位置しています。

このままチャネルの下限を目指して下落するのであれば、上記チャートに示した3つのシナリオが考えられます。

  • ①戻りをつけずに一気にチャネル下限まで下落する
  • ②トレンドをつけて5波を完了させながらチャネルの下限まで下落する
  • ③ここからレンジになって横へ横へと動きながらどこかで一気に下落する

 

①のパターンの場合、エントリーするタイミングは下位足に落として探しましょう。

1時間足や1819付近で反発があるはずなので、そこで上昇したあとからのエントリーを狙いたい場面ですね。

②の場合は、フィボナッチリトレースメントを使って戻り売りが狙えます。

安値と高値を切り下げながら落ちてきてくれると、エントリータイミングや利確ラインがわかりやすくなりますね。

③の場合は、レンジ帯をブレイクして戻りをつけたところからのエントリーがおすすめです。

ブレイクしてそのまま勢いよく落ちてしまうこともあるので、エントリータイミングの判断が難しいポイントでもありますね。

このまま下落するのであれば、注目したいのは下のチャートに示した水平線(1821付近)のラインです。

2021.01.10ゴールドXAUUSD日足チャート

2021.01.10ゴールドXAUUSD日足チャートで下落の基準となる水平線

ここにわかりやすい押し目がありますので、ここをブレイクしてくると下方向が濃厚になりますね。

逆に上昇していく可能性も考えておく必要があります。

下のチャートはXAUUSDの日足の上昇シナリオを考えたものです。

2021.01.10ゴールドXAUUSD日足チャート

2021.01.10ゴールドXAUUSD日足チャートが上昇に転じるときのシナリオ予想

現在位置はちょうどフィボナッチリトレースメントの50%から38.2%のゾーンなので、このあたりで2波の下落が止まり、上昇の3波に転じて2078付近の高値を目指す上昇トレンドに転換する可能性もあります。

日足レベルで5波をつけて落ちてきた期間を考えると、今回の上昇は1波目であり、ここから時間をかけて上昇の5波が出る可能性もあるわけです。

そういう上昇のシナリオもあるので、そう仮定すると、現在は調整の2波の下落中ということになりますから、押し目買いを狙いたい場所ではあるのですが、まだ上昇トレンドが確定する条件を満たしていないので、ここでのロングエントリーはリスクがあります。

というのも、ラス戻りはブレイクできたのですが、上昇トレンドを確定させるには、前回の高値をブレイクしないといけません。

今は「上目線に切り替わった」程度の認識であり、上昇トレンドになったわけではありません。

日足はチャネルラインの中段なので、どちらに行くか判断が難しい場面です。

15分足レベルで狙いたい鉄板ショートエントリーポジション

今回の下落が現在位置で一旦の底値となって上昇していったと仮定した場合、この大きな下落に対してフィボナッチリトレースメントを引いて38.2%のラインである1908.60付近でのショートを狙ってみたいです。

1分足でエントリーして50から100PIPSほど狙って利確できたらいいと思っています。

2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャート

2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャートで狙いたいショートエントリーポイント

ロングエントリーできる条件とは?

私としては今現在の位置からそのまま勢いよく反転して上昇に転じるとは予想していません。

上昇していくにしても、しばらくは横横の展開で徐々に上昇していくのではないかと考えています。

そうなったとき、安心してロングエントリーができるのは、ラス戻りの高値をブレイクして1波が発生し、その1波の高値を再度ブレイクしてきたところからの押し目買いとなります。

2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャート

2021.01.10ゴールドXAUUSD15分足チャートで狙いたいロングエントリーポイント

現在のラス戻りは1864付近になります。

ここをしっかりと実体でブレイクしてくると1波が発生したということになり、下目線から上目線に切り替えとなります。

そして1波の高値をブレイクしてきたら、フィボナッチリトレースメントを使って50%から38.2%のゾーンまで押しを待ってロングを狙います。

利確は161.8%ラインになりますね。

私が実際にエントリーしている押し目買い・戻り売りを狙う手法の解説はこちら↓

1864付近を実体でブレイクしてきただけでは、上昇トレンドに切り替わったとは認定できないので、すぐに戻されてしまう可能性があります。

ロングエントリーを狙うタイミングには気をつけましょう。

先述した通り、上位足では上に行っても、下に行ってもいい状況なので、どちらのパターンも想定しておいたほうがいい場面だと言えます。

そういう意味では1月11日(月)の動きに注目したいですね。

少なくとも東京時間は観察に当てたいと思います。

コメント