フェイスブックで出会った外国人女性に恋をしてしまった41歳バツ2男の実話ブログ【恋愛は最強の英語勉強法】

外国人女性との結婚にあこがれています。フェイスブックで出会った外国人と交際、最終的に結婚に至ることは可能なのでしょうか?

Thank you always for friendship.の意味と使い方2018.10.05更新

Thank you always for friendship.の意味と使い方

英語の「Thank you always for friendship」は「友情に感謝します」「この友情のためにありがとう」という意味のニュアンスがある丁寧なお礼表現の英会話フレーズなのよ。

そうなんだね。でも日本人にはあまりこの表現の発想はないんだよね。

そうかもしれないわね。でもね、外国人に実際に使うと喜んでもらえる表現方法なのよ。「Thanks for your friendship 」でも大丈夫よ。メッセージをもらったときに、感謝の気持ちをつたることができる便利フレーズね。「Thank you very much」だけでなく、「こうやって私を気にかけて、連絡をくれるあなたのその優しさ、あなたのその友情に感謝していますよ」という気持ちが伝わるの。

「あなたと友達でいられることが嬉しい、とても感謝しているよ」というニュアンスだよね。

その通りよ。とても丁寧な表現よね。だからひょっとしたらノリのいいネイティブの中には「水臭いことをいうなよ」みたいに感じることもあるかもしれないけど、あなたの気持ちはきちんと伝わるわね。

どんな場面で使ったらいいかな?

そうね。あなたがその相手の友情に感謝を感じた場面なら遠慮なく使えばいいのよ。特に出会って間もない友達に言ってあげたらどう?言われた方は嫌な気持ちにはならないでしょ?勇気をだして、一度使ってみてね。

返事はなんて返したらいいと思う?

そうね、That's what friends are for.なんてどうかな?

どういう意味なの?

「それが友達ってものでしょ」っていうニュアンスのフレーズね。「友達なんだから当然じゃない」といっているのよ。

なるほど!使えそうだね!

ではボクとソフィアは実際にどんな場面でThank you always for friendship.を使ったのでしょうか?それでは本編をお楽しみください。

f:id:yutula:20180930180038j:plain

ボクとソフィアのやりとり7日目

Sophia Good morning.
It is raining this morning and I can't go jogging.
How is the weather there?
Let's do our best to each other today too !
(ソフィアおはよう。今朝は雨が降っているからジョギングにいけないよ。そっちの天気はどう?今日もお互いがんばろうね!)

Hot day .
Thank you always for friendship.
Take care and have a wonderful day you too.
(暑い1日だね。いつも友情をありがとう。気をつけてね!あなたも素敵な1日を過ごして。)

Please be careful some profile name "Jean Lou "he is from Belgium
(Jean Lou というプロフィール名に気をつけね。彼はベルギー出身よ。)

Thanks I'm Okay. What did this person do?
(ありがとう、ボクは大丈夫だよ。その人は何をしでかしたんだい?)

Just annoy me. I send to a few friends.
I can't say more.
I'm woman and must be focus and have my brain open.
Please don't accept all friends request.
They not all people what they show to us.
(ただ私を困らせるの。(このことは)ほんの少しの友達にしか送っていないの。私はこれ以上は言えない。私は女性だし、集中して脳をオープンにしていなければいけないの。どうかすべての友達申請を受け入れるのはやめて。彼らが私たちに見せるのは、彼らのすべてではありません。)

Thank you I understand that.
(ありがとうよくわかったよ)

ボクが勇気をふり絞って送信したメッセージが以下の画像になります。

↓これはボクとソフィアのメッセンジャーのやりとりです。

f:id:yutula:20180831135311j:plain

この話の背景

2018年7月4日から、

ボクは毎朝ソフィアにおはようメールを送ろうと決めました。

この日も、朝起きるとすぐにソフィアにメールを入れました。

ギリシャと日本には6時間の時差がありますから、こちらが朝になると、ギリシャは夜中になっています。

この時差の壁は少々やっかいです。

この日もいつものようにおはようメールをいれると、6時間後に返信がきました。

日本時間では14:25ですが、ギリシャでは、朝の8:25です。

朝起きてすぐに連絡をくれたのでしょう。

それからさらに4時間後に、再びソフィアから連絡が入ります。

内容は「Jean Louという名前のベルギー出身の男にきをつけて」というものでした。

なぜこんなメールをわざわざボクに送ってくれたのか?

あのときも不思議に思いました。

今でこそわかることですが、ソフィアもこの頃からボクのことが気になっていたそうなので、お互いに何か話のネタを探していたのでしょうね。

だから、わざわざボクに知らせなくてもいいような情報を教えてくれたのでしょう。

要は、そのベルギー人を餌にしたのだと思います(笑)

この頃から、ソフィアの発言を聞いていて、わかってきたことがありました。

それは、彼女がとてもマジメな性格だということです。

そして、「感謝の気持ちをとても大事にしている人」だとも感じました。

そのあたりのソフィアの性格についてはこれからどんどん書いていこうと思っています。

次回もお楽しみに!

ではまた明日。

最後まで読んでくださって本当にありがとうございました。

↓ブログ村ランキングに参加しています。

応援クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村