気絶するほど臭かった俺のおならを無臭に変えた秘密の方法を公開します!

気絶するほど臭かった俺のおならを無臭に変えた秘密の方法を公開します!おならが臭い人集まれ〜!

気絶するほど臭かった俺のおならを無臭に変えた秘密の方法

もはや臭いおならを止める薬?神サプリランキング

▼▼▼▼▼

おならが臭い時の対処法!神サプリ10選おすすめランキング!よく出る・止まらないを解消!

俺の臭いおならが治った!
飲み始めて2日目に1日3回も大便が出た奇跡の体験談

▼▼▼▼▼

オリーブジュースカプセルで無臭のおならが出た!おならが臭い時と便秘改善におすすめ

豆を食べるとなぜ臭いおならが出るの?お腹のガスだまりを防ぐ方法!

f:id:yutula:20190103132312j:plain

2019年1月3日更新記事。

豆を食べてもガスがたまらいようにする方法

「豆類を食べるとお腹にガスがたまるから食べないようにしている」

 

そう言って、
豆を避けている人が多いそうです。

 

お腹にガスが溜まるとおならの原因になるから、
特に女性は気にしてしまうのかもしれませんね。

 

でも、
豆を食べてもお腹にガスがたまらない方法を
アメリカのユタ州立大学の栄養学教室が発見しました。

 

とても簡単な方法なので、
あなたでもすぐに実践できます。

 

その方法とは、
豆を発芽させて「もやし」にすることです。

 

f:id:yutula:20190103132937j:plain

 

スポンサーリンク

 

豆を食べるとガスがたまっておならがよく出る理由とは?

豆を食べたときに発生するガスの素になっているのは、
人間の小腸の酵素では消化できない「複雑なでんぷん質」です。

 

レジスタンススターチと呼ばれたりもします。

 

その複雑なでんぷん質は、
乾燥した豆の中にあるものなのです。

 

しかし、
豆が発芽し始めると、
豆自身が複雑なでんぷん質を
単純構造のでんぷん質に分解するわけです。

f:id:yutula:20190103133541j:plain

そのとき、
成長中の豆自身によって、
でんぷん質はエネルギーとして消費されていきます。

 

だから発芽が始まって2〜4日間くらいで、
おならの原因になるガスを発生させる「複雑なでんぷん質」は無くなってしまうのです。

 

f:id:yutula:20190103133233j:plain

なぜ豆は複雑なでんぷん質を持っているのか?

豆は植物の種です。
種は一定の条件下にならないと
発芽しないようにプログラムされています。

 

一定の条件下とは、
土の中や水の中です。

 

そのような環境になるまで、
種は種の繁栄のため、
半永久的に生き続けます。

 

半永久的にずっと
発芽の条件が揃うのを待っているのです。

 

そのためには、
発芽するときまで、
実を守らなくてはいけません。

 

発芽の時、
発芽に必要なエネルギーになるものを
キープしておかなければいけないわけです。

 

f:id:yutula:20190103140118j:plain

 

いつ発芽の条件が揃うのは、
運次第なわけですか、
すぐに土や水の中などに落ちて
発芽できる場合もあるし、
発芽まで何十年、
何百年とかかるかもしれないわけです。

 

それだけの長い時間にも耐えて、
時が来た時に発芽するために、
簡単に壊れることがないような、
複雑な構造のでんぷん質で守られているのです。

 

そして、
いざ発芽のタイミングになると、
豆(種)は自らその複雑なでんぷん質を分解して
エネルギー源に変えるわけです。

f:id:yutula:20190103133651j:plain

スポンサーリンク

 

豆を発芽させてもやしにする簡単な方法①

豆を発芽させてもやしにする方法は簡単です。

手順は次の通りです。

豆を発芽させてもやしにする簡単な方法①
  1. 食べる分の豆をよく洗ってビンの中に入れる
  2. 水を豆が隠れるまで注ぐ。
    ※水道水は使用しないほうが腸に良い。
  3. そのまま室温で5〜6時間、豆を水に浸す
  4. 水を切り、きれいな水でよくすすぐ。
    ※すすぎは1日2回必ず行う。
    それは種の外皮に含まれるアブシシン酸という猛毒の酵素阻害剤を除去するため。
  5. 豆を入れたビンを温かいところに置いて、発芽を早める。※日の当たる窓辺などに置くと良い。
  6. 2〜4日で小さな細根が生えてくるので、水を毎日交換しながら待つ。
  7. 細根が出たら発芽完了でもやしの出来上がり。
    ※この状態なら色々な料理に適する状態になっており、ガスも発生しない。

豆を発芽させてもやしにする簡単な方法②

豆を食べてもお腹にガスがたまらず、
おならの原因になりにくくする方法は
もう一つあります。

その方法は、次の手順で行えます。

豆を発芽させてもやしにする簡単な方法②
  1. 豆を豆の量の5倍の水で一晩浸し、水を2回取り替える。
  2. よく水に浸した豆を圧力鍋で柔らかくなるまで煮る。

たったこれだけで、
豆によるガスだまりやおならのトラブルは解消されるはずです。

 

f:id:yutula:20190103134018j:plain

圧力鍋で調理する際の注意事項

圧力鍋での調理は高温で調理が可能なため、
時間を短縮でき、
柔らかく仕上がることからとても人気がありました。

 

しかし、
数年前店頭から圧力鍋が姿を消した時期がありました。

 

それは、

食品を120度以上に加熱して調理すると、「アクリルアミド」という強力な発ガン性物質が作られることがわかったからです。

 

メーカーもすぐに対応して、
圧力鍋が店頭から消えました。

 

しかし、
現在は120度以上にならないで加熱できる
低温圧力鍋が発売されています。

 

f:id:yutula:20190103134343j:plain

 

圧力鍋をお使いになる際は、
くれぐれも120度以上に加熱しないように注意が必要です。

 

f:id:yutula:20190105193406g:plain f:id:yutula:20190105205757g:plain

f:id:yutula:20190101204145g:plain f:id:yutula:20190101204130g:plain f:id:yutula:20190101204238g:plain f:id:yutula:20190105193446g:plain