手法

【図解】フィボナッチリトレースメントを逆引きするときの始点と終点の決め方とは?

フィボナッチリトレースメントを逆引きするときの始点と終点は次のように決めるのがおすすめです。 ●押し目買い(ロングエントリー)を狙う場合 始点 :現在の最高値 終点 :前の高値を更新したあとの押し安値 ●戻り売り(ショートエントリー)を狙う場合 始点: 現在の最安値 終点 :前の安値を更新したあとの戻り高値
2021年1月

1月4日のゴールド(XAUUSD)は押し目買いを狙いたい相場状況

2021年日本時間14時現在のゴールド(XAUUSD)チャートでエントリーポイントを探してみます。 お正月の休日を挟んで、大きく上昇してきました。 週足・日足・4時間足レベルのチャネルラインの上限をブレイクしてきた形になっています。 4時間足レベルでもしっかりとブレイクしました。 4時間足の直前の親波のラス戻りをブレイクしたので、高値である1955~1963あたりを狙って上昇してくるものと思われます。
過去検証

ゴールドXAUUSD2020年12月の押し目買い・戻り売りが狙えたエントリーポイントの解説まとめ

2020年12月にフィボナッチリトレースメントを使った私の手法でエントリーできたポイントを振り返って解説・検証してみます。 時間の都合で実際にはエントリーできなかったポイントもあります。 それらを振り返って記録することで、次に同じようなパターンが出現したときにエントリーしやすくなると思いこの記事に残すことにしました。 何より、こうしてアウトプットすることでトレードの上達にも繋がっていると思います。
手法

フィボナッチリトレースメントが機能する相場と使えない相場とは?こんなエントリーポイントは危険だ!

フィボナッチリトレースメントを使って押し目買いや戻り売りを狙えるのは、トレンドが発生している相場状況のときに限ります。 方向性がしっかりと出ていないようなレンジ相場ではフィボナッチリトレースメントは機能しません。 トレンド相場では押し目買いや戻り売りのポイントとして強く意識される50%から38.2%のゾーンも、レンジ相場では反発せずに素通りされてしまうことが頻繁に発生します。 フィボナッチリトレースメントを使ってエントリーポイントを見つけようとするのであれば、必ずトレンドが発生している場面に限定しましょう。
2020年12月

2020.12.28ゴールド(XAUUSD)ニューヨーク時間で狙いたい戻り売りポイントとは?

2020.12.28ゴールド(XAUUSD)ニューヨーク時間で狙いたい戻り売りポイントとは? もうすぐニューヨーク市場がオープンしますね。 どちらに動いてくるか楽しみです。 現在4時間足は下の画像のようなチャネルラインの中にいて、チャネルの下限に位置しています。 日足レベルのチャネルの上限に弾かれて下落している最中といった感じですね。 4時間足レベルのチャネルラインの下限へのタッチは3回目となります。 もう一度反発があってもいいと思いますが、小さい反発なら4回目あたりの下落でブレイクしてくる可能性もありますね。
2020年12月

2020.12.28ゴールド(XAUUSD)の狙いは押し目買い!おすすめのポイントとは?

2020.12.28ゴールド(XAUUSD)の狙いは押し目買い!おすすめのポイントとは? 起きたらゴールド(XAUUSD)が上昇していました。 方向性が出たので押し目買いを狙いたいところです。 レンジ帯をしっかりブレイクしていますね。 なので、下の画像の緑色のエリアの下落波との戦いは終わったことを意味します。①の高値をしっかりと実体でブレイクしてきたので、②まで上昇することがほぼ確定して、実際に②まで伸びてきました。 次は③④の高値を目指すのか?
2020年12月

2020.12.28ゴールド(XAUUSD)の相場予想とエントリーポイントとは?

2020.12.28ゴールド(XAUUSD)の相場予想とエントリーポイントとは? 2020.12.28(月)はゴールド(XAUUSD)はどのような動きを見せるのでしょうか?? 年末ということもあり、出来高が減少するでしょうから、極端な動き方をすることもあるかもしれませんので、慌てずに対処できるように長期足の分析からやっておきましょう。 私は基本的にはショートを狙いたいと思っています。 12月21日に大きく下落した安値を更新してくるのではないかと思っているからです。 その根拠を解説します。
2020年12月

2020.12.24ゴールド(XAUSD)ロンドン時間・ニューヨーク時間の相場はどうなる?

GOLD(XAUUSD)は日本時間の16:00現在は短期的には上目線の状況になっています。 下の画像のように15分足レベルで見ると高値と安値の切り上がりが起きていて、上昇トレンドの定義は一応クリアしています。しかし、直前の親波の戻り高値をブレイクしているわけではないので完全に上目線に切り替わっているという状況ではありません。
インジケーター

水平線タッチでアラートを鳴らしてくれる便利なmt4インジケーターRoll_Reversalを愛用中

水平線タッチでアラートを鳴らしてくれる便利なmt4インジケーターRoll_Reversal 私はフィボナッチリトレースメントの50%から38.2%のゾーンまで押しや戻りが入ったことでエントリーをしているのですが、ずーとチャートを見ているわけではありません。 ゾーンに近づいてきたらアラートが鳴って知らせてくれるように設定できる便利な無料インジケーターがあります。 私が愛用しているのは「Roll_Reversal」です。
2020年12月

2020年12月23日のゴールド(XAUUSD)エントリーポイントと相場分析

2020年12月23日のゴールド(XAUUSD)エントリーポイントと相場分析 安値と高値の更新が発生しているので日本時間深夜2:36(ロンドン時間19:36)の時点ではショートを狙うために戻しを待つ時間帯となっています。 フィボナッチの50%から38.2%のトレードゾーンに入って来たらショートしたいですね。 利確はとりあえず前回安値の1855.30付近が第一目標です。